top of page
  • 執筆者の写真室井 香南

フェムテックと生理について

最近耳にするようになった「フェムテック」や「フェムケア」ですが、みなさまは実際どのようなものなのかご存じでしょうか?


日本は「フェムテック後進国」と言われており、世界に比べてこの分野に関するリテラシーやアイテムにおいても遅れをとっています。


しかし、フェムテックやフェムケアは、女性にとっては本当に大切なもので、知っているだけで”ライフスタイルや人生までも変わる”程のもの。


絶対に日本の女性にも、1人でも多く知っていただきたいのです!


そこで今回は、そんな「フェムテック」や「フェムケア」について、そして、多くの女性が実はよく知らない且つ悩んでいる「生理」と生理の悩み解決になるフェムケアについてを、詳しく分かりやすくお伝えしていきたいと思います。



「フェムテック」「フェムケア」とは

フェムテックとは「Female(女性)」と「Technology(技術)」を掛け合わせた造語で、女性特有の健康課題をテクノロジーの力によって解決するための製品やサービスなどを指します。


具体的には、月経の管理アプリや、デリケートゾーン専用のソープやオイル、妊娠検査キットなどがあり、世の中には数えきれないほどの製品やサービスがあります。


しかし、今でこそそのように沢山の製品やサービスが存在しますが、フェムテックの歴史はまだまだ浅く、2010年代に入ってから本格的に注目されるようになりました。


それ以降、月経の管理アプリなどから始まり、より専門的な様々な製品やサービスが開発され、生理・妊娠・不妊・更年期などたくさんの女性の悩みの解決に役立っています。


そして、そういったフェムテック製品が開発・販売されることで、女性たちが身体的・精神的な健康課題の管理や悩みの解決に向けてケアを行いやすくなっており、そのようなケアが「フェムケア」と言われるものになります!


フェムケアを始めると、女性自身が自分自身の体を理解し、健康的な生活を送る為のツールや情報を入手できるようにもなるため、非常に大切なケアです。


フェムケアが注目される背景には、女性の社会進出、ライフワークバランスの向上やジェンダー平等という部分に注目が集まってきたことにあると言えます。


これからの時代には、女性のチカラが必要不可欠でフェムテックや、それを利用したフェムケアは女性のQOL向上、医療費削減、少子高齢化への対策などにも繋がっていくこと、また、女性にも国全体にも、大きなポイントとなっています。


そんな私たち女性には欠かせないモノでありながら日本の女性への認知度はまだまだ低いのが現状。


女性の社会進出、QOL向上、特有の健康課題の改善のためにも、この情報や大切さを1人でも多くの女性に知って頂けるよう、多方面から活動を広げていきたいと思っています。


ではここからは、誰もが身近なところからフェムテックを感じていただけるよう、女性にとって最も身近な「生理」についての基礎知識と、生理のお悩み解決に役立つフェムテックに

関する情報をお伝えしていきますね。


生理(月経)とは、一般的に28日周期で訪れるもので「経血」と呼ばれる、子宮の壁から剥がれ落ちた子宮内膜や血液などが混ざったものが体外へ排出される生理現象のことです。(経血の成分のうち血液は1割程度)


目には見えませんが、女性の体の中では毎月さまざまな変化が生じており、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)などの女性ホルモンが、増加と減少を繰り返しながら毎月の生理のリズムを作っています。


それではここで、生理周期を4つの時期に分けてみていきましょう。



■月経期

妊娠が成立しなかった場合に、卵胞ホルモン、黄体ホルモンともに分泌量が減少していきます。

受精卵を着床しやすくするために厚くなっていた子宮内膜がはがれ、血液と一緒に経血として体外へ排出され、「生理」が起こります。


■卵胞期

卵胞期(増殖期)とは、生理終了後から排卵期までの期間のこと。

卵巣の中では卵子のもととなる原始卵胞が成長し成熟を迎えます。

卵胞ホルモンの分泌量がだんだんと増え、妊娠に備えて再び子宮内膜が増殖します。


■排卵期

卵胞ホルモンの分泌がピークになると始まるのが排卵期。

排卵日には卵胞が破れて、中から出てきた小さな卵子が卵巣から排出されます。

排卵日の前後数日が排卵期です。排卵された卵子は卵管内へと進み、この時期が妊娠しやすい時期とされています。


■黄体期

排卵してから次の生理が始まるまでの時期が黄体期(分泌期)です。

この時期は、卵胞が黄体へと変化し、たくさんの黄体ホルモンを分泌します。

ここで子宮内膜がますます厚くふかふかになるので、受精卵が着床しやすい状態にもなります。


以上のように、2つの女性ホルモンの影響を日々うけながら、女性のからだの中での変化は起こっています。


そしてこの2つの女性ホルモンの増減こそが、私たちのからだや精神状態を左右していく大きな要因になるのです。


例えば、PMS(月経前症候群)です。生理前になるとどうしようもなくイライラしたり、些細なことがすごく悲しかったり、感情のコントロールが難しくなる。

また、腹痛や頭痛、吐き気などの体調不良がおこるなどの症状があげられます。


そんなPMSのフェムテックを利用した改善には、「低用量ピル」の服用や、改善に効果的なサプリメントの服用、腰や子宮回りを温めることができるグッズなどが大きく役立つかもしれません。


上記は生理痛の改善にも効果的ですので、毎月の苦しさや悩みがこれで解決できたら…

QOLもとても上がるのではないでしょうか。


さらに、生理中の不快感などにも悩んでいる方は多くいます。


例えばナプキンによるムレやごわつき、かゆみ、経血漏れなどがあげられますね。


これらも、フェムテック分野において開発が進み、多様な生理用品があるのをご存じでしょうか?


ごわつきやムレが気にならない「タンポン」や「月経カップ・ディスク」(量にもよりますが)1日取り替えたりする必要のない「生理用吸水ショーツ」デリケートゾーンから来る冷えを軽減してくれる「布ナプキン」など本当に様々あります。


このように、フェムテック製品を使いこなすことで悩みが解決され、毎月来る生理も問題なく過ごせるようになるかもしれないのです。


もちろん、生理に関することだけでなく、妊娠出産、不妊、更年期など様々な悩みを解消するための製品が現代は本当にたくさんあります!


せっかくある素晴らしい技術ですから、ぜひ知っていただいて1人でも多くの女性のお悩みが解消され、女性としてのQOLが上がるきっかけになりましたら、とても嬉しく思います。




最新記事

すべて表示
bottom of page